忍者ブログ

Psycho 心理学

心理学と哲学

不殺生と慈悲

仏教には不殺生戒という戒律がある。
不殺生は生き物を殺さないという意味になるが、それを徹底することで、慈悲の意識状態が続くようになる。
結局は、何かを殺生してまで自尊心を高めたいという気持ちを持ち続けることは、心に悪影響を及ぼす。
宗教上の戒律としてではなく、自分自身の心の安穏のために不殺生戒というものを捉えるに越したことはない。不殺生戒はアヒンサーとも呼ばれ、狭義のアヒンサーは「ヒンサー=暴力、傷害」を「ア」で否定するため、非暴力、不傷害という意味を持つ。
殺生を行わないことだけでなく、他者を傷つけないこと、他社を傷つけようと欲しないことは、心の安定に最も有効的であるということである。
そしてその状態は、いわゆる慈悲の状態となる。
慈悲の状態が続くと、恐怖心はなくなり、焦燥感も不安も無くなっていくだろう。

不殺生戒
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
Psycho
性別:
非公開

心理学リンク

心理学

心理学 実践心理学系 用語別