忍者ブログ

Psycho 心理学

心理学と哲学

ザイアンスの単純接触効果

ザイアンスの単純接触効果(ザイアンスの法則)。この単純接触効果は、繰り返し接すると好意度や印象が高まるという効果。1968年、アメリカの心理学者ロバート・ザイアンスの論文により知られるようになった。単純接触効果とは、「ある刺激に繰り返しさらされることで、刺激に対する態度の変化が生じる」という効果。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
Psycho
性別:
非公開

心理学リンク

心理学

心理学 実践心理学系 用語別