忍者ブログ

Psycho 心理学

心理学と哲学

諸行無常(しょぎょうむじょう) 仏教・哲学

諸行無常(しょぎょうむじょう)は、仏教の根本主張である三法印の一つで世の中の一切のものは常に変化し生滅して、永久不変なものはないということ。諸行無常は、仏教の基本的・哲学的な主張を表わす成句の一つで、「あらゆる物事(常に生滅を繰り返しつつ、因と縁によって生ずるすべての現象)は変化している。変化しない、固定的な物事は存在しないとする。
諸行無常(しょぎょうむじょう)
諸行無常とは、あらゆるものはすべて移ろい行くと言う意味があり、生ずる性質のものは必ず滅する、形あるものは必ず壊れるという意味がある。
諸行無常の解説の多くは、諸行無常の「諸行」に対し、諸々の物や出来事、つまり現象という感じで捉えられていますが、さらに厳密に考えた場合は、この行は「形成作用」や「形成されたもの」という意味を持ちます。
それは客観的な現象だけでなく、意識の内側で起こった感情や動機までもが含まれている。 諸行無常は諸法無我、一切行苦、涅槃寂静と合わせて三法印、四法印としてよく語られる。 「縁起」「執着」を捉えるための本質的な理として仏教の中核をなす。
PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
Psycho
性別:
非公開

心理学リンク

心理学

心理学 実践心理学系 用語別